お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年06月14日

40代 転職

40代で転職するのはかなりチャレンジングなことだと思います。

こちらの日経スタイルの記事にもありますが、就職活動を自らしなくても、非公開求人が向こうから来るような層もある一方で、就職活動をしても企業が見つからなかったり、見つかっても条件がよくなかったりということも多いようです。


会社の立場から考えれば、20代であれば育成してポテンシャルを伸ばそうという考え方もできますが、40代が相手とこれまでの仕事経験を活かした即戦力となる働きが求められるでしょう。

自分にそれだけの価値があるか、見極めが必要になってくるのだと思います。



転職を考えたとき、必ずしも会社に所属するだけでなく、フリーランスで働くという選択肢もあると思います。特に、スペシャリストとして働いてきた人は、その他大勢と比べて大きな価値があると思います。

例えばこういった場所を利用して、自分の力で仕事を得ることを考えるのも良いのではないでしょうか。

CrowdWorks
posted by 栄 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 40代 転職

2016年12月03日

エン転職

転職サイトのエン転職。掲載されている求人のうち、8割はエン限定求人なのだそうです。

他の求人サイトで満足のいく転職先が見つからなかったという場合、こちらのサイトを見れば、まだまだ知らなかった求人がある可能性があります。
posted by 栄 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エン転職

2016年11月23日

転職 志望動機

転職の際に必ず必要になるのが志望動機ですよね。
面接官の立場に立って考えれば分かることですが、以前の職場がどんなにひどいところだったとしても、その悪口を言うような人は取りたくなくて、やはり、それでも出来ることはしっかりやってきたのだという姿勢を持った人こそ採用したいと思います。

転職が多い人は印象が良くないと思いますが、それも場合によってくると思います。


何社も経験している方でも、それぞれの会社で実績を残して、それでもやりたい仕事ができないから、ステップアップとして次の会社に移動したという方と、この会社では同僚に恵まれなかった、この会社では上司に恵まれなかったと、周りに環境のせいにしてしまうような方とでは評価も変わってくると思います。


事実、周りの環境が合わなかったのだとしても、転職の志望動機としては、あくまで次の会社でやりたいことを中心に話すのが良いのではないかと考えています。



私は採用担当をしたことのない中堅社員ですが、どんな新人や中途の方に入ってきてほしいかと考えると、やはり、この会社でどんなことがしてみたいというビジョンを持っている方だと思います。
posted by 栄 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 志望動機
転職会議」の先頭へ